脳梗塞で入院中は介護保険を使えない!医療保険と介護保険の違い

脳梗塞で入院中は介護保険は使えない!医療保険と介護保険の違い

医療保険は、病気やケガの治療に適用され、医療を受けた時の医療費をサポートする保険制度です。

介護保険は、病気の治療に適用されるものではなく、病気によって必要になった介護費用をサポートする保険制度です。保障を受けるためには介護認定を受ける必要があります。

なんとなく理解はできているのですが、脳梗塞で入院したらいつから介護保険制度を利用できるのか?私が少し戸惑ってしまったので、医療保険と介護保険の違いついてまとめておきます。

医療保険と介護保険

医療保険と介護保険の違い

医療保険 介護保険
対象者 被保険者全員 65歳以上の要介護者
(特定疾病がある場合は40歳以上)
認定制度 なし あり
保障発生条件 医療サービスの利用 介護サービスの利用
方針決定 医師 ケアマネジャー等
自己負担額 3割
(一部対象者は1割・2割負担)
1割
(一部対象者は2割)
保障の上限 なし あり

医療保険は、被保険者(日本に住む全ての人)が保険証を窓口で提出するだけで保険を利用することができます。また、保険で給付される上限はありません。

ですが、介護保険は要介護認定を受ける必要があります。また、要介護度によって保険で給付される上限が設定されており、上限を超えた費用は全て自己負担になります。

脳梗塞で入院した時に要介護認定の申請をするタイミングと手続きの流れ

2017.08.29

年齢による要介護認定条件

要介護認定されなければ、介護保険は使えません。

40歳未満 認定対象外
40歳~64歳 16種類の特定疾病
65歳以上 要介護状態

参考:特定疾病の選定基準の考え方 | 厚生労働省

脳梗塞は特定疾病に含まれるので、第2号被保険者(40歳~64歳)でも要介護認定されます。

介護保険が使える時期

原則、医療保険と介護保険は併用できません(一部例外を除く)。

脳梗塞で入院した場合、介護保険が使えるのは「リハビリテーション病棟を退院した後」です。入院中でも利用できるのは、退院後に必要な「住宅改修」と「福祉用具の貸与・購入」だけです。

具体的には下記の「介護サービス」を利用する時に介護保険が使えます。

施設サービス 特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設に入所する
訪問サービス 訪問介護、訪問リハビリなど自宅で介護やリハビリを受ける
通所サービス 自宅から施設に通って、介護やリハビリ、レクリエーションなどを受ける
短期入所サービス 1日~1週間程度、施設に宿泊して介護やリハビリを受ける
地域密着型サービス 訪問・通所・宿泊を併用するサービスなど住み慣れた地域で支援を受ける
予防サービス 要介護にならないために、生活機能の向上を目指す訓練を受ける
福祉用具の貸与 工事不要の手すりや、車いす、介護ベッドなどを借りる
福祉用具の購入 年10万円を限度としたトイレ、入浴関連の福祉用具を購入する
自宅改修 20万円を限度とした住宅の改修工事を行う

一般病棟からリハビリテーション病棟へ転院する際に使う介護タクシーの費用や、リハビリテーション病棟の入院費用に介護保険を使うことはできません。

介護保険を使う

要介護認定を受けたからといって、すぐにリハビリ施設等のサービスを利用できる訳ではありません。介護サービスを受ける際は、介護サービス計画(ケアプラン)を立てる必要があります。

この際、ケアプランは本人や家族でも作成できますが、専門的な知識が必要になるので、通常はケアマネジャーに依頼して作成してもらいます。そして、その内容に沿ってサービスを利用します。この際、ケアマネジャーにかかる費用は全額介護保険から支給されるので自己負担はありません。

つまり、介護保険を使って介護サービスを利用する時は、ケアマネジャーを通す必要があります。

そう考えると、ケアマネジャーは要介護者にとって重要な存在であることが分かります。

退院後に在宅復帰するケース!脳梗塞で入院した時にケアマネジャーを決める時期

2017.09.18

最後に

脳梗塞で入院した場合、介護保険が利用できるのは、退院後に必要な住宅改修や福祉用具の貸与・購入及びリハビリテーション病棟退院後に利用する介護サービスを受ける時です。

リハビリテーション病棟入院中の医療費やリハビリ装具の購入に介護保険は使えません。

ですから、退院に間に合う様に要介護認定の申請を行い、ケアマネジャーと契約する必要があります。退院後の介護サービスの利用につていは、ケアマネジャーと相談して決めて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク