脳梗塞になっても車の運転は可能!?対応は都道府県によって異なるので要注意

脳梗塞と車の運転再開について!事前に確認しておく事

脳梗塞になると車の運転はできないのか?いつから再開できるのか?

ネットでは情報が錯綜していて分からないことが多かったので、私が実際に「警察署」「自動車講習センター」「保険会社」「ケアマネ」に相談して教えて頂いた内容をまとめておきます。

ちなみに、私の父は左脚に後遺症が残っており、要介護1の認定を受けていますが、リハビリテーション病棟の主治医とリハビリ専門医には、車の運転は特に問題ないと言われていました。

脳梗塞と車の運転について

警察署及び自動車講習センターでは、「一定の病気等に関する方の運転適性相談」を行っており、運転適性相談窓口等について | 警察庁Webサイトには、下記の様に記載されています。

運転免許の拒否、取消し等を受ける要件に該当しているか否かはあくまでもそれぞれの方について個別に都道府県公安委員会が判断すべきこととされています。

都道府県によって、脳梗塞になった時の車の運転再開までの流れが異なるので要注意です。

例えば、私が住んでいる岐阜県の場合、運転適性相談は強制ではありません。

私も父と一緒に警察署へ相談へ行きましたが、どんな病気を患ったのか?今の状態はどんな感じなのか?を聞かれて、書類にサインをしただけです。時間は20分程度だったと思いますが、相談したからといって「運転許可証」等が発行される訳ではありませんでした。

また、不安なら免許試験場で「臨時適性検査」を受けてほしいと言われましたが、これも任意でした(免許に条件が付けられたり、原付やマニュアルの運転ができなくなる可能性がある)。

岐阜県の場合、免許の有効期間が残っている間は、特に申請は必要ないということです。

申請をしていないからといって、何か罰則がある訳ではないですし、無免許運転になる訳でもありません(事故を起こした際に過失相殺で不利になる可能性はある)。

完全にモラルの問題です。法的な問題はありません。

但し、免許の新規取得及び更新時には「質問票」の提出義務があります。この際、「臨時適性検査」を受けたり、「医者の診断書」が必要になる可能性があります(結果によっては、運転免許を取り消されたり、一定期間その効力を停止される可能性もある)。

参考:一定の病気等に係る運転者対策 | 道路交通法

一定の病気等に係る運転者対策  道路交通法

また、一番気になっていた保険についても、私の父が加入している任意保険では、「問題なく保険はおります。」と言われました。保険のプランを変更する必要もありませんでした。

ケアマネにも相談しましたが、「特に罰則はありませんし、手続きも必要ありません。保険は加入している保険の内容によります。」と言われました。ただ、本人が気づいていないだけで、判断力や反射神経が衰えている可能性もありますから、運転はできるだけ控えた方がいいとのことです。

最後に

今回紹介した内容は、岐阜県のケースです(2017年11月)。

都道府県によっては、免許の有効期間が残っていても「臨時適性検査」が必須だったり、「医者の診断書」が必要になる可能性もあります。また、今後法改正される可能性もありますから、脳梗塞になって車の運転を再開される方は、必ずご自身でも確認して下さい。

ネットの情報を鵜呑みのするのは危険です。

確認すること
  1. 入院中に主治医に相談する
  2. 必要であれば警察署及び自動車講習センターで「運転適性相談」を受ける
  3. 必要であれば免許試験場で「臨時適性検査」を受ける
  4. 必要であれば医者に「診断書」を書いてもらう
  5. 保険会社に相談する

特に、保険会社への相談は絶対忘れないで下さい。契約内容に支払対象外の病名「脳卒中(脳梗塞)」及び「後遺症の残るような病気」が含まれている場合は、保険がおりない可能性があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク