差額ベッド代は完全自己負担!保険適用外かつ高額療養費制度も使えません

脳梗塞で入院した時にかかる差額ベッド代と差額ベッド室を使うメリット

特別療養環境室(差額ベッド室)は、入院環境の向上を図り、入院患者がより快適な入院生活を送れるように設置された病室です。患者側の希望で利用する病室であり、病院は患者の同意なしに差額ベッド室に入院させて差額ベッド代を請求することはできません。

入院が長期に及ぶ場合や、個室でプライバシーを守りながら治療を受けたいなどの希望がある場合に利用しますが、差額ベッド室にかかる費用「差額ベッド代」は、保険適用外かつ自己負担限度額には含まれません(高額療養費制度も利用できません)。完全自己負担です。

経済的に支払える余裕がない場合は、差額ベッド代のかからない大部屋を利用して下さい。

差額ベッド室と差額ベッド代について

差額ベッド室とは?

差額ベッド室は、療養環境について以下の4つの要件を満たしている必要があります。

差額ベッド室の要件
  1. 病室の病床数(ベッド数)は4床以下である
  2. 病室の面積は1人当たり6.4平方メートル以上である
  3. 病床ごとのプライバシーを確保するための設備を備えている
  4. 個人用の「私物の収納」「照明」「小机等及び椅子」の設備がある

但し、これはあくまで差額ベッド室を満たす条件にすぎません。4床以下の病室が必ず差額ベッド室とも限りません。私の父が入院しているリハビリテーション病棟では、2~4人の多床室は全て差額ベッド代は0円です。個室のみ差額ベッド代がかかります。

病院によって、差額ベッド室の基準は異なります。

差額ベッド代が必要になるケース

差額ベッド代が必要になるのは、病院から差額ベッド室の「設備」「構造」「料金」についての説明を受け、同意書にサインした場合のみです。

室料差額同意書

逆を言えば、同意書にサインしない限り、差額ベッド代を請求されることはありません。差額ベッド室を希望しない場合は、同意書にサインしないで下さい。

但し、「大部屋は満室なので個室に入ってください。」と言われて同意書にサインした場合も、病院の説明に納得して差額ベッド室を利用したことになるので注意して下さい。

差額ベッド代はどれぐらいかかるのか?

差額ベッド代は、各病院が料金を任意に設定できるようになっています。

厚生労働省の中央社会保険医療協議会のデータ(2014年の調査)によると、1日あたりの差額ベッド代の平均額は「5,918円」となっています。仮に1ヵ月(30日)入院したとすると「177,540円」かかります。差額ベッド代は保険適用外ですから、全て自己負担になります。

参考までに、下記は私の父が入院しているリハビリテーション病棟の差額ベッド代です。

タイプ 差額ベッド代
(1日あたり)
設備
個室 A 10,800円 トイレ・シャワー・電話・テレビ・冷蔵庫・収納棚
B 6,480円 トイレ、電話・テレビ・冷蔵庫
C 3,780円 トイレ・テレビ&冷蔵庫(有料カード式)
D 2,700円 テレビ&冷蔵庫(有料カード式)
多床室 2~4人室 0円 テレビ&冷蔵庫(有料カード式)

私の父は個室Dを利用しているので、差額ベッド代は「1ヵ月あたり80,000円弱」です。

差額ベッド代を支払う必要がないケース

下記の様なケースは差額ベッド代を支払う必要がありません。

差額ベッド代を支払う必要がないケース
  1. 同意書による確認が行われていない場合
  2. 患者の治療上の必要により差額ベッド室に入院させる場合
  3. 病棟管理の必要性等から差額ベッド室に入院させた場合

差額ベッド代が必要になるケースでも説明しましたが、同意書にサインしなければ、差額ベッド代を支払う必要はありません。

また、感染症で隔離する必要があったり、病状が重篤で安静を必要とする場合等、患者の選択ではなく、病院側の判断で差額ベッド室に入院した場合も差額ベッド代を支払う必要はありません。

最後に

60歳以上が脳梗塞で入院した場合、入院期間は平均3~4ヵ月です(症状により異なる)。

差額ベッド室を利用すれば、差額ベッド代だけで負担が数十万円にのぼるケースもあります。任意で加入している医療保険で賄える及び経済的に支払える余裕がない場合は、差額ベッド代のかからない大部屋を希望することをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク